Top >  石垣島関連読本 >  八重山列島釣り日記―石垣島に暮らした1500日

八重山列島釣り日記―石垣島に暮らした1500日

八重山列島釣り日記―石垣島に暮らした1500日
高橋 敬一
八重山列島釣り日記―石垣島に暮らした1500日
定価: ¥ 1,470
販売価格: ¥ 1,470
人気ランキング: 497033位
おすすめ度:
発売日: 2000-07
発売元: 随想舎
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
八重山列島釣り日記―石垣島に暮らした1500日の詳細を見る

八重山列島釣り日記―石垣島に暮らした1500日は今まで自分ではそれなりに漠然とイメージしていた事がよくわかる本です。いろいろなものがどんどん変わっていっています。この八重山列島釣り日記―石垣島に暮らした1500日の本の分野でも同じことです。

今のように世の中の進み方が早いときに「知らなかった」ではさみしいですね。八重山列島釣り日記―石垣島に暮らした1500日を読んで、新しい今のことを知ればいろいろなことに次の道が見えるかもしれません。

八重山列島釣り日記―石垣島に暮らした1500日は自分の思っていることを確かめられますし、それより知らなかったことを知ることで対応も考えられるオススメの本です。

八重山列島釣り日記―石垣島に暮らした1500日は情報をいろいろ知りたい方にオススメの1冊です。私は八重山列島釣り日記―石垣島に暮らした1500日の本でいろいろなことを知りました。

自分では知っているつもりでも知らないことは多いですね。今の世の中いろいろなことが早く進んでいくのでちょっとオサボリしていると知らないことがいっぱいになってきます。八重山列島釣り日記―石垣島に暮らした1500日でちょっと知ってみませんか?

知らないでいると知っていたら!と思うときもしばしば。だから本を読んでいるのですが。インターネットよりいろいろな情報が読みやすくわかりやすくまとめられている本は良いですよ。

八重山列島釣り日記―石垣島に暮らした1500日はオススメです!

椎名誠に似た著者が魅力的
本重量約305グラム。第1刷発行2000年。内部のデザインや写真もきれいで作りが丁寧な印象。農林水産センター職員で石垣島へ転勤。釣りを憶えて職場の仲間や島の人、県外外国の友人との交流を描く。特に釣りの話題限定でなく、軽いフットワークと文章が読者を引っ張る。沖縄の離島、小笠原、フィルピンネグロス島まで範囲は広い。釣りに出たのに海人の船頭に漁船員の様にこき使われるくだりに笑った。別な本だが、子供たちのレジャーとして浜で網を引いたら指導している海人が子供たちを叱りとばしたらしい。狩猟本能と昔の体験で本気になっちゃうんだろうなあ。にかっと笑う椎名誠のようなガタイのいい著者の収まった写真、魚の写真多数。あやしい探検隊シリーズが好きならはまるはず。

八重山列島釣り日記―石垣島に暮らした1500日の詳細を見る

トップページ  |  次の記事 【黒糖】 西表島産黒糖 1kg  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/12706

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「石垣島へ♪関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。