Top >  石垣島名物 >  石垣島でのダイビングの醍醐味

スポンサードリンク

石垣島でのダイビングの醍醐味

そして、マンタは見たいけれども、ダイビングが苦手だという人は石垣島にある水族館などでマンタを見ることができます。
マンタは、石垣島に限らず世界中の熱帯・亜熱帯の海域で生息しています。
特にさんご礁の近くで見かけるチャンスが多いそうです。
普段は遠くの外洋の表層を泳いでいますが、海岸近くの沿岸地域でもときどき姿を現します。
日本の近海では、石垣島の海域がマンタを見る絶好のナイススポットだといわれており、マンタを見るために日本全国からダイバーがやってきています。
巨大なマンタは、魚類のなかでも最大級に属します。
オニイトマキエイのサイズは胸鰭の横幅、いわゆる体盤幅で表記されるのが一般的で頭からしっぽの先で表記するわけではありません。
したがってマンタの平均サイズは、3メートルから5メートルだといわれています。
マンタはいうまでもなく、ダイバーたちの心を虜にするほどの人気があります。
マンタは温厚な性格を持つうえ、好奇心も旺盛で愛嬌があって、人なつこいといわれています。
石垣島にはいくつかマンタの生息地域があり、ダイビングの経験の浅い人でもマンタを見ることができるうえ、石垣島を訪れるということはマンタと海のなかで楽しく、自由自在に泳ぐことを実現できる最高のチャンスだといっても過言ではありません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 石垣島のマンタ  |  トップページ  |  次の記事 特産品である泡盛とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/11984

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「石垣島へ♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。