Top >  石垣島名物 >  沖縄の伝統芸能

スポンサードリンク

沖縄の伝統芸能

いまでも沖縄の人々は、沖縄のことを「ウチナー」といいますがこれは「オキナワ」からの転訛で、もともとは沖縄本島のことを指しましたが、いまでは沖縄県全域を指すようになっているそうです。
そして、沖縄は琉球舞踊が有名ですが、琉球舞踊の始まりは中国の皇帝が派遣した使者、冊封使を迎える際に開かれる宴で踊った宮廷舞踊だったそうで、「御冠船踊り」といわれていました。
そして、この歌舞は、貴士族の子弟だけで踊られました。
こういった古典舞踊、あるいは宮廷舞踊というものは明治以降にはじまった雑踊りと区別するための呼び名です。
古典舞踊には、老人踊り・若衆踊り・二才踊り・女踊り・打組み踊りなどがあり、芝居のせりふと踊りを一体化した芸能でどちらかというと能や歌舞伎に近い芸能だといえます。
石垣島で海で存分遊び新鮮な素材で調理された料理に舌鼓をして、沖縄の伝統芸能の琉球舞踊を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 <  前の記事 「沖縄」が生まれた由来は?  |  トップページ  |  次の記事 オヤケアカハチとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/11992

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「石垣島へ♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。