Top >  石垣島観光スポット >  造礁サンゴ

スポンサードリンク

造礁サンゴ

大自然に恵まれている石垣島は、きれいな海があるためにさんご礁にも恵まれておりとりわけ白保サンゴ礁などが有名です。
サンゴ礁はとてもデリケートな生物で、きれいな海でしか見ることができず近年は海の汚染が進んでいるためか、サンゴ礁は深刻な被害を受けています。
サンゴ礁は美しいということはみなさんもご存知かと思いますが、具体的にサンゴ礁とはどういった生物でどのような習性があるのかということを知らない人が案外多いかと思います。
そこで、まずはサンゴ礁についての詳しいお話をしましょう。
さんご礁は、「造礁サンゴ」と呼ばれる群落で作られます。
造礁サンゴとは、熱帯の外洋に面した海岸で発達する地形の呼び名の一つですが、造礁サンゴを繁殖させるには、比較的に温度の高い海水がよいとされています。
どれくらいが適温かといいますと、25度から30度くらいが造礁サンゴの繁殖しやすい環境だといわれています。
これはかなり高い海水の温度ですが、それにともない塩分の濃度も3から4%と、塩分が多い方が繁殖しやすいといわれています。
そして、水深が30メートルほどの浅い水域で、しかも海水が汚染されていないところが造礁サンゴの棲みやすい環境だといわれています。さんご礁のある砂浜を想像した場合、多くの人は青い海と白い砂浜をイメージすることでしょう。
そして、実際にサンゴ礁の生息地の周辺にある砂浜をよく観察してみますと、白っぽい砂浜が多いことがおわかりでしょう。
これはなぜかといいますと、海の波浪でさんご礁が割れれて海岸に打ち上げられたりサンゴ礁が海の生物にかじられて、その砕片だったりと、通常の砂浜の砂に交えてサンゴ礁の残骸だったりすることが多いのです。
もちろん、サンゴ礁の残骸のほかにも貝類やうに・有孔虫の死殻などが砂に混ざって海岸に堆積されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 野底マーペーの名前の由来  |  トップページ  |  次の記事 石垣島のサンゴ礁達  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/12003

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「石垣島へ♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。