Top >  石垣島観光スポット >  なぜ、唐人墓は石垣島に建てられたのか

スポンサードリンク

なぜ、唐人墓は石垣島に建てられたのか

今や観光地にもなっている石垣島の唐人墓ですが、咸豊2年(1852年)に起きたロバート・バウン号事件で、多くの中国人の苦力たちが亡くなりその犠牲者である中国人の苦力たちの魂を慰める慰霊のため、1971年(昭和46年)に建てられた墓地なのです。
詳しく説明しますと、咸豊2年(1852年)の頃、中国の南部地方にあるアモイという場所から米カリフォルニア州に向かうアメリカの苦力貿易船が海を通じて頻繁に航行していました。
その苦力貿易船というのが、ロバート・バウン号という呼び名でした。
その苦力たちを乗せた貿易船の船内では、船長による苦力たちに対する虐待事件がたびたび起きていたようで、それがきっかけで船内で暴動が起きたのです。
やがて苦力貿易船のロバート・バウン号は、同年の2月19日に石垣島の崎枝村の沖合で座礁してしまいました。
この貿易船が座礁して沈没した際に、380人の中国人の苦力たちが難を逃れて石垣島に上陸しました。
しかし、貿易船が沈没したという事情を知らない石垣島の八重山の役人たちは中国人の苦力たちを崎枝村の赤崎に建てられた収容所に入れて収容したそうです。
その後は、中国人の苦力たちは赤崎の収容所から富崎に移され収容が続いたのですが、ロバート・バウン号が座礁したという報告を受けた2隻のイギリス船は同年の3月に石垣島にやってきて、中国人の苦力たちを捕まえるために富崎の収容所をめがけて砲撃したのです。
その後、武装兵士200人以上が石垣島に上陸し逃走を図る中国の苦力たちを射殺したり捕縛しました。
それが3月の出来事で、その後、4月にはアメリカから1隻の船が来航しました。
難を逃れて射殺・捕縛から免れた中国人の苦力たちは、琉球王国(いまの沖縄)に保護されましたが、収容所の衛生環境がよくなかったせいか、大難を逃れた中国人の苦力たち約128人はその後、病死したり自殺したりあるいは行方不明になったりしました。
唐人墓は、その悲惨な事件が起きた際に犠牲となった中国人の苦力たちを慰霊するためのものなのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 石垣島の唐人墓  |  トップページ  |  次の記事 野底マーペー  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/12000

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「石垣島へ♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。