Top >  石垣島観光スポット >  オヤケアカハチとは

スポンサードリンク

オヤケアカハチとは

石垣島では美しい海と立派なさんご礁が見られます。
また、唐人墓などのような歴史的探検スポットもたくさんあります。
そのなかで、あまり知られていない観光スポットの一つとして「オヤケアカハチの碑」をご紹介しましょう。
この穴場ともいえる「オヤケアカハチの碑」とはいったい何かといいますと、鬱蒼とした木々に囲まれた島の英雄を讃えた石碑のことです。
ここでちょっとした小話に触れましょう。
「ウルトラマン」の脚本担当者の金城哲夫氏は、沖縄県の出身だというのはあまりにも有名です。
その金城氏は、沖縄をモチーフに地球人と宇宙人とのあいだで板ばさみのような状態であるウルトラマンを描きましたが、その特写番組の「ウルトラマン」のなかに「レッドキング」という怪獣が出てきますが、この「レッドキング」という名前は、「オヤケアカハチ」から由来したそうです。
この「オヤケアカハチ」というのは、「遠弥計赤蜂」、あるいは「於屋計赤蜂」という漢字で書かれその「オヤケアカハチ」という人物は15世紀末の豪族で八重山諸島石垣島の大浜村(現在の石垣市大浜)を拠点にしていたといわれています。
一説によると、「オヤケアカハチ」は別名で「ホンガワラ」ともいわれ、「保武川」・「堀川原」あるいは「保武瓦」と書かれていたそうです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 沖縄の伝統芸能  |  トップページ  |  次の記事 オヤケアカハチの由来  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/11993

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「石垣島へ♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。