Top >  石垣島情報 >  石垣島が抱える深刻な問題

スポンサードリンク

石垣島が抱える深刻な問題

近年、沖縄各地のさんご礁は、オニヒトデが原因で食害されたり赤土流出でさんご礁が深刻な被害を受け、絶滅に瀕しています。
しかし、不幸中の幸いといいましょうか、いまのところ白保サンゴ礁はオニヒトデが原因の食害から免れています。
白保サンゴ礁は、世界的にみても比較的に生態系の整っている数少ないサンゴ礁といわれています。
2007年8月1日、石垣島は西表国立公園に編入され、西表石垣国立公園という名称に変更されましたが、そのときに石垣島の白保さんご礁地区は海中公園地区に指定されました。
そして、石垣島に新空港建設計画が立案されたことがきっかけで新空港が環境に与える深刻な影響の問題が浮き彫りになりました。
そもそもの発端は、1979年に白保海上案という名称で、白保地区の沖合に海上空港を建設する予定で新石垣空港の建設計画が発表されましたが、人々に白保サンゴ礁の重要性を再認識させるべく民間団体などで大きな反対運動を引き起こしました。
そのため、1989年に建設案は撤回されました。その後、カラ岳陸上案という白保地区の北部にあるカラ岳付近で空港を建設する建設案が打ち出され、合意のもと2006年10月に新空港の着工がスタートし、現在も進行中でやがて2012年度末には新しい空港が開港する予定です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 石垣島の白保サンゴ礁  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/12024

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「石垣島へ♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。