Top >  石垣島情報 >  波照間島

スポンサードリンク

波照間島

石垣島は沖縄県の八重山諸島にあり、むかしからマラリアがたびたび発生していたそうです。
よく戦争のときにマラリアが大量発生すると耳にすることはあっても、いまでは実際にマラリア患者に会う機会というのはあまりないのですが、第二次世界大戦の時に、沖縄は日本のほかの地方と同じように強制疎開が行われ、そのときにマラリアに罹患した人が多かったそうです。
その戦争時に発生したマラリアで多くの人々が亡くなり、石垣島のほか八重山諸島にある波照間島でも集団でマラリアに感染し、多くの人々が犠牲になったことで知られています。
八重山諸島にある波照間島は、北緯24度2分25秒、東経123度47分16秒に位置し、日本最南端のある村の群集のある有人島です。
波照間島は面積12.7km2、標高59.5mで、人口は約600人でこじんまりとした小さな島です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 石垣島の環境保護  |  トップページ  |  次の記事 石垣島と戦争マラリア  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/12017

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「石垣島へ♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。