Top >  石垣島情報 >  石垣島の環境保護

スポンサードリンク

石垣島の環境保護

石垣島は世界的に見ても非常に貴重な自然環境に恵まれています。
たとえば、ラムサール条約に登録されている湿地の「名蔵アンパル」や、吹通川のマングローブ林・於茂登岳のヤエヤマヤシ・カンヒザクラの自生地などがあげられます。
これらの地域を訪れますと、めったに見ることのできない珍しい植物相をみることができます。
そして、石垣島の周辺海域ではアオサンゴの群落が広がっており、これが海中公園地区に指定されているさんご礁の生息する白保海域と呼ばれているところです。
石垣島の海中公園地区には、平久保・米原・川平石崎・白保の四つのエリアが含まれています。
汚染がものすごいスピードで進むなかで、私たちはどのように地球上の貴重な資源を守っていけるのかが今後の大きな課題であり、石垣島のような希少価値のある大自然の環境をより明確な方針を打ち出して、一人一人が積極的に意識的に保護活動に参与していくことがとても大事です。
石垣島を訪れ、大自然を楽しむと同時に、環境保護についても考えてみましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 西表石垣国立公園のさんご礁  |  トップページ  |  次の記事 波照間島  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/12016

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「石垣島へ♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。