Top >  石垣島情報 >  石垣島の畜産業

スポンサードリンク

石垣島の畜産業

石垣島の地形は、北側に山が集中し南側に平野が広がるようになっており、農業や畜産業が盛んに行われています。
石垣島の農業による生産高は、サトウキビが16億円、葉タバコが10億円、米が4億円、パインが3億円だといわれています。
そして、畜産業では牛、とりわけ黒毛和牛の取引高は40億円以上だといわれているほど目覚しい成績を収めています。
石垣島では、牛の飼育数はおよそ2.5万頭から3万頭だといわれておりますが、石垣島では子牛の飼育だけで、子牛が8カ月になるとどこかに出荷され、全国各地に売られていきます。
そのため、石垣島では子牛を生むメス牛と子牛の飼育がメインとなっており、食用牛の飼育はほとんど行われていません。
そのため、私たちが口にする松坂牛や、神戸牛などの牛のなかには、石垣島で生まれ子牛の頃までは石垣島にいた可能性も高いわけです。そして、いま石垣島では石垣島ブランドの牛の販売を計画しており、近い将来はスーパーなどで石垣島ブランドの牛肉を目にするようになるでしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 石垣島での日常生活  |  トップページ  |  次の記事 石垣島の農業  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/11979

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「石垣島へ♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。