Top >  石垣島情報 >  西表石垣国立公園のさんご礁

スポンサードリンク

西表石垣国立公園のさんご礁

沖縄の西表島と石垣島、および周辺の島々とその海域を含む国立公園で西表石垣国立公園という有名な公園があります。
この西表石垣国立公園はもともと西表国立公園という名前でしたが、2007年8月1日にこの公園が石垣島の一部に編入することになり、それからは「西表石垣国立公園」と名称を変更しました。
西表石垣国立公園は石垣島に編入されてから拡張され、いまでは面積が陸域20,569ヘクタール、海域約46,600ヘクタールに拡大されました。
そのなかでも、海中公園の面積が約1,100ヘクタールと広大な面積を占めています。
西表石垣国立公園の海中公園は面積からすると、日本国内でも最大級のものだといえます。
西表石垣国立公園は、西表島・石垣島の二島を含み、石垣島と西表島との間にあるさんご礁の海域も公園に含まれています。
このさんご礁の含まれている地区は、「石西礁湖」と呼ばれているところで、その石西礁湖の海域に浮かぶさんご礁の島々として、黒島・竹富島・小浜島・新城島・西表島・神島などが含まれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ラムサール条約とは  |  トップページ  |  次の記事 石垣島の環境保護  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/12015

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「石垣島へ♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。