Top >  石垣島情報 >  石垣島の名蔵アンパル

スポンサードリンク

石垣島の名蔵アンパル

石垣島にある大きな河川といえば、宮良河を浮かぶ人が多いでしょう。
この宮良河の河口域にはマングローブの林があたり一面に広がっています。
この宮良河のマングローブの自生地は、国内最大級のマングローブの林だといわれているほど広大な面積を有しています。
その西部にある名蔵アンパルは、2005年にラムサール条約に基づき、国際的に重要な湿地として認められ保護を有する湿地に登録されています。
ここで少しラムサール条約ついての補足説明をしますと、ラムサール条約というのは1971年に制定し、1975年に発効された国際条約のひとつで、主に湿原の保存に関わる条約です。
ラムサール条約の発足目的は、水鳥を食物連鎖の頂点としその水鳥の貴重な生息地である湿地の生態系を守ることにあります。
日本語の正式名称は、「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」と呼ばれています。
通称の「ラムサール条約」は、この国際会議が初めて開かれたイランの都市であるラムサールにちなんで使われている名称です。
ラムサール条約の段取りとしては、まずは各締約国が水鳥の生息にとって重要だと思われる湿地を各自で指定していきます。
この場合、最低限でも一ヶ所の登録が必要で、これは締約国の義務だといわれています。
それから指定された湿地を国際条約の事務局に報告し登録リストに登録をします。
各締約国は、それぞれ指定された湿地を適正に利用していきながら、かつ湿地を最大限に保全していくためにさまざまな計画を行い、実施をしていくのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 竹富島について  |  トップページ  |  次の記事 ラムサール条約とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/12013

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「石垣島へ♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。