Top >  石垣島情報 >  竹富島について

スポンサードリンク

竹富島について

竹富島は日本の最も南に位置している小さな離島で、北緯24度15分、東経124度30分に位置しており、2005年6月現在の人口は約342人、戸数は約172戸、周囲9.12km、面積5.42平方キロメートルという実にこじんまりとした島です。
竹富島の特徴として、中央部に現地の人々の集落が広がっており、地元の建造物は非常にユニークでいわば木造赤瓦の民家が多く、道路には白砂を敷詰められています。
これは沖縄の古くからの建築様式でありますので、アーキテクチュラルな建物を求めて沖縄にやってくる人にはぜひとも散策して新たな発見をしていただきたいものです。
このユニークな建築様式のほか、竹富島にはまだまだほかの魅力もあります。
たとえば、竹富島にはまだまだ古くからの信仰が続いておりますので、竹富島ならではの伝統行事をねらって足を運ぶとよいかもしれません。
ちなみに、竹富島の「竹富」というのは近代の当て字であり、明治中ごろまでは「武富」と書く人が多かったそうです。
竹富島を地元の人は「テードゥン」、あるいは「タキドゥン」と呼んだりしていました。
美しい大自然に囲まれた竹富島は、映画の撮影にもしばしば使われています。
たとえば、「ニライカナイからの手紙」・「星砂の島、私の島」などが代表的で、影像的にも非常に美しい作品ですので機会がありましたらぜひご覧ください。
竹富島へのアクセス方法ですが、八重山の観光フェリーを利用すると便利です。
このフェリーは、石垣港の離島ターミナルから出ています。
石垣島からは所要時間が10分程度で、朝から夕方まで30分おきに船が出ています。
そのほかにも、貨客船つまりカーフェリーが週に2便ほど就航していますので、お出かけになる前に時間などをチェックしてみましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 石垣島から竹富島へ  |  トップページ  |  次の記事 石垣島の名蔵アンパル  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/12012

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「石垣島へ♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。