Top >  石垣島情報 >  姉妹の神々

スポンサードリンク

姉妹の神々

首里の弁ヶ岳・於茂登岳・久米島の三ヶ所に宿る三つの神は、合わせて姉妹の神々とされています。
その三姉妹の神のうち、二番目の神が於茂登岳の神でもともとは妹の神と同じく久米島を宿っていたそうですが、自分の山が妹の山よりも低いのに対して不満を感じて八重山に移り、於茂登岳に転居したのだといわれています。
この於茂登岳の神が石垣島にやってきてから、自然とこの島の守護神となったそうです。
また、オヤケアカハチの乱が蜂起した弘治13年(1500年)のとき、一番末の妹の久米島の神は琉球王国の軍とともに戦いに挑み、於茂登岳の神を動かすよう神託をしたといわれています。
於茂登岳は、信仰の山としても広く親しまれていますので、石垣島を訪れる機会がありましたらぜひ沖縄の神々に触れて、沖縄独自の神信仰について考えてみましょう。
沖縄の神々しい山を見ていると、思わず伝説や神話の世界に吸い込まれてしまいそうな気分になるほど美しいうえ何かのご利益を蒙ることあるかもしれません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 名勝地の於茂登岳  |  トップページ  |  次の記事 石垣島から竹富島へ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/12010

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「石垣島へ♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。