Top >  石垣島情報 >  「沖縄」が生まれた由来は?

スポンサードリンク

「沖縄」が生まれた由来は?

石垣島は、沖縄県にある島々のなかの一つです。
沖縄といえば、悠久な歴史を持ちさまざまな複雑な問題を乗り越え今日に至っています。
沖縄は、中国側からの呼称として「琉球」という名で呼ばれていましたが、日本の領土であることを明確に示すために「琉球」から「沖縄」という名に変更されました。
沖縄の呼び方は中国で古くから「大琉球」と呼ばれ、台湾を「小琉球」と呼んでいたため史書などでも両者を混同されることが多かったそうです。
鑑真の『唐大和上東征伝』という伝記のなかで、鑑真和上が来日し「阿児奈波」に漂着したという一節があり、その「阿児奈波」(オキナワ)という地名が登場したことがいわゆる沖縄という表記の始まりだといわれています。
琉球王国を廃止する際に、日本領土として沖縄県が置かれることになり琉球処分が行われました。
そのときに、「沖縄」という名称が正式に使われるようになりました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 石垣島の生態系を守るには  |  トップページ  |  次の記事 沖縄の伝統芸能  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://whitefang.80code.com/mt/mt-tb.cgi/11991

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「石垣島へ♪」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。